© 2017 takayuki matsuo

a study on arrangement - wood block and light - / 配置に関する研究 木片と照明

installation /

size available /

pain wood /

2016 /

This piece is 216 pieces of wood arranged in a grid pattern on a higher position than the usual art exhibition.

There ware two interior lighting originally installed on the ceiling of the room that has 14 feet white wall.
The first wood pieces were placed at positions where the shadow appeared equally by ceiling light, and 216 pieces of wood were arranged in a grid pattern based on the first one.
I reused the already used wood.
Avoid screw holes, each piece of wood has been cut at right angles. Therefore, the wood pieces becomes a rectangular parallelepiped that the lengths are slightly different from each other.

This piece use "usual act" of "remove dirty parts", "modify the shape", "arrange neatly" as production method.
And this piece becomes a device for thinking about "exhibit according to the environment".

 

この作品は、従来の作品展示よりも高い位置(中心点が3m付近)に、グリッド状に整然と216個の木片が並べられてるものである。

材料として、すでに使用した木材を再利用。
既に木片についている汚れやネジ穴を避け切断、直角に研磨。 よって、それぞれがわずかに長さの異なる直方体の木片となる。
 この作品は、「洗浄」「修正」「配置」という「通常行為」を制作方法として行なった。

部屋の天井には、元々設置されている2つの室内用照明がある。
2つの照明の作り出す影が均等になる位置に中央の木片を置き、それを基準にして全ての木片は並べられている。

「作品に照明を合わせる」のではなく「照明に作品を合わせる」
この作品は、「既にある環境に対して何ができるのか」を考える為の装置になる。