© 2017 takayuki matsuo

a study on natural artifact / 自然人工物の研究

found object / 

size available /

plastic, iron, aluminum, glass, wood, rubber, etc. /

2008 - /

This piece is a "collection and recording of natural artifacts" that I am doing as my own life-work.
And it is a project to find value and significance from "natural artifact" on the street.

I deal with "almost unmodified object from original state that picked up from the street" as the finished artwork.
"Natural artifacts" is the thing had changed from beneficial for human beings to what seems to be unnecessary artifact.
Besides, they are naturalized by losing their original function, and they are impossible to keep their original shape due to aging and external factors.

As a method of recording,

list the object size, weight, location, and selected year.
Record the latitude and longitude of where the object was found in the map "google earth".
Refer to the Isometric projection of the architectural drawing and take a picture at an angle of 45 degrees.

This piece is an experiment to ask the possibility that so-called "garbage" can have artistic value.
 

 


この作品は、「自然人工物」の採集と記録である。

「自然人工物」とは一度は人間にとって有用であるとされた物から、無用な物へと変化した物。

経年変化や外的要因によって、元々の形を留められなくなり、本来の機能を失って自然化(消失)しつつある物である。
私は人の知恵の結晶としての「人工物」を信頼している。そして、それが崩壊していく様子に興味を惹かれる。
このような信頼と崩壊という相反する要素を持つ「自然人工物」は、私にとって理想的な造形物である。

採集する際に「選別する」ことを制作行為として行い、オブジェクトはほとんど手を加えずに提示する。

<記録方法>
オブジェクトのサイズ、場所、選択した年をリスト化。
オブジェクトが見つかった場所の緯度経度をマップ "google earth"に記録。
建築図の等角投影を参照し、45度の角度で撮影。

私の興味は「無用なもの・こと」からの新たな可能性の発見と提示にある。
この作品「自然人工物の研究・a study on natural artifact」からの発見を元に私の全ての作品は展開している。