© 2017 takayuki matsuo

a study on analogy - margin - / 類推に関する研究 余白

photograph /

a4 size x 9 /

ink jet print /

2017 /
 

The reason why ”the white cube is white” is to exclude other elements so that the artwork is easy to see.
The margin is indispensable to show the artwork in contemporary art.
And the existence of margin is "sign” that artwork is there.

This time I created a piece with a structure opposite to that of a typical exhibition.
This piece is a photograph of the state where the margin is at the center.

"A white sign-board in the landscape" and "a photograph of the landscape in the White Cube" are the opposite state.
When the audience recognizes the existence of the margin, how does the surrounding landscape appear?

In order the audience to recognizes "the existence of the margin", I took photographs of the installation view of the signboard including the surrounding situation.

この作品は「余白」の発見、採集とその記録である。
東京の街を歩いていると文字や看板の多さが目につく。その雑多な景観の中に、時折、何も貼られていない真っ白な看板を見つけることがある。

「余白」とは「何もない」というサインである
ホワイトキューブは、作品の周りに「何もない」    ことで作品を見えやすくしている。
ホワイトキューブは、作品の周りに「余白がある」ことで作品を見えやすくしている。
       
この作品は、街の中に「余白」を発見したことから始まった。
街の中に「余白がある」       という状態。
街の中に「何もない」が「ある」という状態。

鑑賞者が「余白」の存在を認識した時「余白」自体やその周辺はどのように見えてくるのであろうか?